生理痛は女性の悩みの一つ

subpage01

子作りのために必要な卵巣がある女性には、排卵や月経といったその性別ならではの体質を持ち合わせます。
そんな中で生理痛は女性の悩みの代表として挙げられ症状は重い人から軽い人まで個人差が存在します。



生理痛の要因には幾つか考えられ、まずはプロスタグランジンと呼ばれる物質の分泌量が多い可能性があります。
子宮を収縮させる働きのあるプロスタグランジンは生理に欠かせない物質ですが、分泌量が多いと子宮を必要以上に締め上げてしまします。



その結果軽い陣痛、あるいは下腹部や腰に痛みを伴います。

子宮関連で言えば、その部位自体の出口が狭いこともこの女性の悩みの原因になることもあります。


子宮内膜が排出されるための出口が狭いと、ベッドを外に出せずに痛みを感じます。

この場合出産経験がある女性は子宮の出口が広がるので、生理痛が軽くなることがあります。

最後の生理痛の要因は、冷えというこちらも女性の悩みである症状が関係してます。



身体が冷えると血行が悪くなり、骨盤内の血流が足りなくなり子宮や卵巣が正常に働かなくなり痛みを感じてしまいます。


また血行不良はストレスによっても引き起こるので、日頃から適度にリラックスすることが大切です。


下腹部の痛みが酷く寝込まないほどの症状を伴う生理痛を、月経困難症と呼び薬局などで処方される鎮痛剤を摂取すると症状が緩和できます。
もし、鎮痛剤を使用しても症状が緩和できない場合は子宮内膜賞を初めとした疾患の恐れがあるので医療機関に向かうべきです。